葉酸不足でも貧血が起きる

貧血は鉄分不足だけでなく葉酸不足でも起きることがあります。葉酸が不足するとどんな病気になりやすいか調べてみると、「葉酸欠乏症」や「悪性貧血」「神経管閉鎖障害」なんていう恐ろしげな病名が検索されました。

葉酸欠乏症
初期の症状としては疲労感程度ですが、病状が進むと貧血特有の症状(めまいや立ちくらみ、顔色が悪いなど)が出てきます。

悪性貧血
ビタミンB12が欠乏して起きる貧血なのですが、葉酸不足でも起きることがわかっています。ちょっと前までは原因がわかっていなかったために、死に至ることもある恐ろしい病として認識されていました。

神経管閉鎖障害
脳や脊髄などの中枢神経系のもとを神経管と言いますが、神経管が生成される妊娠の4~5週ごろにおこる先天異常です。脳が形成不全となり、流産や死産にもつながることがあります。(葉酸不足だけで起こるかは不明)

これらの病気を防ぐ意味でも葉酸には大切な役割があることがわかりますよね。